本文へスキップ

審査の甘い消費者金融 即日融資可能

確実に借りるためには

消費者金融・即日融資に関する知識、実用データを完全網羅。いかに借りていかに返済するか?キャッシングの極意を実体験に基づいて紹介します。特に借入先にお困りの多重債務者には有益な情報です。

消費者金融などの貸金業者は何れも融資の際には厳正な審査を実施します。借りる側にとってみれば、石橋を叩いて渡るようなことをせずに、簡単に貸してくれたらいいじゃないかと考えてしまいますが、貸す側にとってみれば貸したお金が返済不能になって焦げ付いてしまうことのリスクを考えると、慎重になるのは当然のことなのです。

審査の内容は金融業者毎に異なってきます。例えば大手銀行系列のカードローン会社は若干審査基準が厳しく設定されており、他社からの借入が4件あるような方では審査に通るのが難しくなっています。この理由は、大手のカードローンは低金利での融資を売り物にしていることから、融資の対象を支払い能力の高い優良客に設定されているからです。したがって、借入が4件以上もあるような方はリスクが高いと判断されてしまい、審査で落とされることになってしまいます。

大手消費者金融中小消費者金融小規模消費者金融

 

確実に借りるためには

確実にお金を借りるためには、できるだけ審査基準の甘い消費者金融を選べば事は済むと考えがちですが、それでは損を被ってしまう恐れがあります。同じキャッシングをするのなら、少しでも金利や他のサービス条件の高い金融会社を選ぶべきであり、自分が審査に通る範囲の中で最高の条件の消費者金融を選ぶべきです。

また、審査の甘さを追求していくと最終的には貸金業法に属していない違法業者に行き着いてしまう可能性もあります。そういった違法業者でキャッシングしないためにも、ある程度の見極めが必要になってきます。

目安としては、他社からの借入件数が3件以内であれば大手銀行系列カードローンで借りれる可能性があります。それ以上の借入件数があるようならば大手は回避して、準大手中小の消費者金融会社を選ぶべきです。このように棲み分けをすることで、審査に通る確率は高くなるはずです。

借入件数の多い多重債務者の場合

ただ、借入件数が6件以上もあるような多重債務者ですと、柔軟審査で定評の準大手中小消費者金融であっても審査に通るかどうか難しくなってきます。貸す側にしても貸し倒れになるリスクがあるからです。そういった多重債務者の殆どが自転車操業をしていることは明白で、最終的には行き詰まって破産になる可能性が高いことから融資に慎重になるのは当然のことです。

もっとも、いくら借入件数が多いといってもそれを支払うことにできる十分な収入があれば別です。貸金業者は顧客の支払い能力を重要視しますので、きちんと収入証明を提出出来れば問題なく審査に通るはずです。

借入状況で判断する融資先一覧

当日融資の当日振込

キャッシングを希望する人の大半は、今現在早急にお金を必要としている人たちです。したがって、融資の申し込みをしたものの、その借り入れ審査に二日も三日も要していたら話になりません。ましてや現在のような情報ネットワークが発達した現代にあっては、審査などものの数時間もあれば十分であって、それを二日も三日も引き延ばしているようでは、現代社会としては失格といっても過言ではないはずです。

幸い現在では、大手のどの金融会社でも即日融資は大原則となっていますし、審査に要する時間についても各社競争原理が働いて年々短縮されています。更にプロミスなどはweb申し込みのみで完結ですので、電話連絡や職場への在籍確認など一切省いた審査になっているのも注目です。

しかし、中小や小規模のキャッシング会社はここまでのシステムは構築されておらず、大半の業者は窓口審査となっているようです。ただし、窓口審査でも審査を通過すれば、申し込んだその日に融資は可能なので、即日融資に違いないことは確かです。但し、窓口審査の場合、審査で落とされた場合の屈辱感は半端ではないので、その時のことも十分頭に入れておかなくてはなりません。

消費者金融比較

ライン

多重債務に陥っている方

借入件数が増えてくると毎月の支払いが覚束なくなってきます。借金の額が増えてくると利息も比例してが高くなってくるので、元金の充当分よりも利息の支払いのほうが高くなってきます。そうなってくると、毎月利息を納めるのみになってしまい、元金が一向に減らなくなっていきます。

結局、支払いが足りない分新たな借金をして支払うようになり、だんだんと借金が膨らむようになってくるのです。このような事態に陥らないためにも、まず第一に借入件数を減らす努力が必要です。

一本でも借金の数が減ると、随分と楽になりますし、おまとめローンの審査に通る可能性も高くなります。おまとめローンはその名のとおり、現在の債務を一本化する金融商品なのですが、審査は甘くありません。

かなり厳しいの現実で、この借り換えローンの審査を通ろうと思うならば、借入件数が4件程度にまでまとめておくことが肝要になります。おまとめローンや銀行ローンは総量規制対象外なので、年収の三分の一以上の借金があっても大丈夫んです。

また、借金総額が増えていくと毎月支払う利息も同時に増えていき、元金への充当額が減ってしまいます。これではいくら毎月きちんと支払いを履行しても、利息のみ支払っていることになり、元金は一向に減ることはないでしょう。月末に給料を貰っても、その大半が消費者金融やローン会社の支払いに消えてしまっていては、生活にゆとりが出てきませんし、なんとなく暗い気持ちに陥ってしまうはずです。

少しでも早く借金を完済すべく行動を起こすべきです。現状維持の生活をしていれば、未来永劫、金利のみを支払い続けることになります。借金完済への第一歩として、一切の生活の無駄を省くことから始めましょう。そして浮いたお金を元金への支払いに充当します。たとえ千円でもいいから元金への支払いをしていきます。

そして半年も経てば借入件数が一本でも減っているはずです。そうです、借金完済への道は借入件数を減らすことが重要なのです。借入件数が3件程度まで減れば、信用力もついていますので大手消費者金融のおまとめローンの審査が通るはずです。残りの借金を低金利のおまとめローンで一本化すれば、後はしめたものです。