ワイド

無人契約機「ワイドル」のワイド

ワイドは栃木県宇都宮市で創業された老舗の消費者金融会社でした。有能な若手の社員を多く抱え、斬新なアイデアで全国展開をしており、無人契約機の名称も社員の中から公募で選び、函館支社の女子社員の提案でワイルドに決まりました。当女性社員は社長賞を授与されたといいます。

残念ながら2000年以降、様々な金融改革と時代の移り変わりによって事業は縮小されてしまいましたが、80年代と90年代にワイドが残した貸金業者としての軌跡は、永遠に語り継がれることでしょう。

ワイド無人契約機ワイドル

ワイドの軌跡

昭和48年01月0栃木県宇都宮市に斎藤成によって創業。
昭和53年03月0名古屋市において株式会社ワイドを設立。
昭和58年05月0北関東、東北進出。資本金を3,000円に増資。
昭和62年05月0関東首都圏進出、大宮支店開設。資本金を7,500万円に増資
平成01年05月0福井支店開設、信越北陸地区進出を果たす。
平成02年03月0資本金を6億7,500万円に増資。
平成02年04月0事業拡大により資本金を12億500万円に増資。
平成02年08月0札幌支店開設、北海道地区進出を果たす。
平成03年08月0宇都宮市に自社ビル竣工。
平成07年04月0岡山、倉敷支店開設。西日本・中国地区進出を果たす。
平成07年09月0松山支店開設、西日本・四国地区進出を果たす。
平成08年10月0小倉、大分支店開設。西日本・九州地区進出を果たす。
平成08年12月0ATM第一号機を宇都宮支店に設置。その後全支店へ設置。
平成09年04月0無人契約機導入、宇都宮支店他4カ所で開始。
平成09年07月0無人店舗を稼働、以後無人店舗の多店舗展開を開始。
平成10年09月0東日本地区の経営基盤強化により西日本の統廃合で有人店舗を57から40に削減。
平成11年08月0西日本地区から完全撤退。
平成12年01月0テレビCMの放映を開始。
平成12年02月0足利銀行とATM提携を開始。
平成16年06月0アイフルの子会社となる。
平成21年11月0アペンタクル株式会社に社名変更する。

平成13年当時のワイド会社概要

ワイドは現在、全国で有人店舗38店、無人店舗164店の合計202箇所の拠点により、地域定着型のリテールバンクとして営業展開を行っている消費者金融会社です。今後、平成15年3月までに無人店舗を250箇所まで増やし、より地域に密着した高いサービスを提供していきたいと考えております。

  • 商号/株式会社ワイド
  • 本社所在地/栃木県宇都宮市下戸祭2丁目3番25号
  • 設立年月日/昭和53年3月1日 資本金/12億500万円
  • 事業内容/消費者金融
  • 代表者/代表取締役社長:齋藤 成、専務取締役:柳 光五
  • 取引銀行/足利銀行・足利ファクター
  • 加入協会/社団法人各県貸金業協会会員、日本消費者金融業協会(JCFA)会員
  • 従業員数/280名 (2001年1月末現在)
  • 平均年齢/24歳4ヶ月
  • 支店/全国35支店
  • 無人店舗/全国154店

ワイドの看板

平成12年当時扱っていた金融商品

  • 名称/ワイドキャッシング
  • 融資額/1万円〜50万円、または年収の10%以内
  • 実質年率/29.20%
  • 返済方法/借入金額スライドリボルビング方式
  • 返済期間/5年毎の自動更新
  • 遅延損害金年率/29.20%
  • 必要書類/健康保険証、運転免許証、パスポートなどから一点
  • 保証人/原則として担保・保証人不要
  • 申込条件/20〜65歳未満で安定した収入のある方

平成14年当時のワイド新卒者募集要項

求める人材〜ワイドを支える誠実でバイタリティ溢れる方

  • 資格/高卒以上 業務に必要な知識やノウハウは入社後丁寧に指導します。*中途入社のハンデはありません。
  • 新卒初任給/大卒総合職24万2500円、大卒一般職21万6800円、短大卒総合職23万9500円、短大卒一般職21万4200円、高卒総合職23万6500円、高卒一般職21万1600円円
  • 専門職/支店長44万4600円、支店長候補28万6200円
  • 諸手当/皆勤手当て10,000円、地域手当0〜20,000円、住宅手当15,000円、時間外手当
  • 昇給/年1回(5月)
  • 賞与/年2回(6月・12月)前年度実績5.0ヵ月
  • 勤務地/本社および各支店(希望考慮します)
  • 休日・休暇/祝日・年末年始・慶弔・有給(10〜20日)・特別休暇
  • 週休2日制/土日、祝日
  • 勤務時間/9:00〜18:00
  • 福利厚生/社宅制度有(会社負担80%)・社員持株会有
  • 職種/総合職、一般職

2004年度長者番付

前年度にアイフルにワイド株式会社を売却したことで、2004年度長者番付には代表者の斎藤成氏が堂々の2位にランクされています。

所得番付

テレビCM

2004年当時のワイドCM

平成11年度消費者金融融資残高ランキング

   社 名  融資残高  前年度比  自動契約機
 武富士  1兆3,412億円 △ 12.84  
 アコム  1兆2,064億円 △11.37   
 プロミス  9,766億円 △12.69   
 アイフル 8,379億円  △19.29   
 レイク 5,392億円   △1.82  
 アイク 4,188億円  △14.80  126台 
 三洋信販 2,252億円  △18.07   
 ディックファイナンス 2,084億円  △18.07   
 ユニマットライフ 1,658億円  ▼3.47   
 日立信販  1,601億円 ▼1.00   
 ワイド 453億円  △5.04